サバク→LA近郊→じゃぽーんと思ったら@LA


by keikowithhanna

人生の過ち

人生、完璧ではないもの。
誰だって間違いくらい起こすものです。

f0052071_1655796.jpg
          誰かの、人(犬)生の間違い

でね。
私もあるんです。実は。


実はアタシ。。。。。


人を殺してしまったことがあるんです。













て。怖いなあ。

正確には、"人を殺してしまったことにしてしまった" ?


もっとわかりやすく言えば、

"まだ死んでいない人を死んだこと"にしてしまったんですよっ。


何人かの方にはお話したことあるんですけどね。

あれは、3年半位前・・・・・・・・。
まだ私の英語が酷くあやしかった頃。

仲良しのおじいちゃんがいたんですよ。
でね、その息子夫婦も別のところで知っていて、その子供たちも知っていて、"アラ?あんたたち親子なのね?世間は狭いねえ?"なんてことで、その家族3世代にわたって、仲良かったんですわ。(今でも親交あり)

でね。
おじいちゃんが入院したんですよ。

で、どんどん状態が悪化していって、UCI(でしたっけ?)に入ってしまってね。

ある日、別の人のところで、 "He is dying" て、いわれたんですよ。

死にかかっている=危篤 ○
死んでいる          ×

なのに、私、"死んじゃったの????"て、号泣。

だって、ニホンゴで、"あー、彼ね、今死にかかってるのよ" 
なんていわないじゃないですかっ。



でね? 

話はここで終わらないんですよっ。

アタシ、そこのおうち(じいさま宅)に白い花束と、カード"安らかにお眠りください"
って、届けちゃったのっ☆


しかも、留守だったから、玄関においてきた。


家族びっくりよ・・。ですよねぇ・・。

もちろん、翌日、言われましたけどね・・・。

"あのね?言いにくいんだけど、彼、まだ、死んでないのよ"って・・・。

家族も、"まだ"とかいってるし・・・。


しかも・・・。

結局じいさま、その何週間後かに、天に召されたんです。

でね、

その日、家族が

"ついにもしくはやっと、死んじゃったの"

と、言ってきたんですよ・・。
泣きながら。

でも、アタシが、"あんた、やっと・・ってなんやねん"って突っ込みを入れたら、笑ってたけど

面白いおじいちゃんだったんだけど、最後まで、ギャグにしてしまって、ごめんね・・。

f0052071_1763192.jpg
まあ、誰にでも、一度や二度の間違いはあるって!ドンマイっ

f0052071_1773991.jpg
ドンマイッおとといのアタシ☆

って、ハンナちゃんぜんぜん反省してませんけど?
それよか、爪を切られたことで、"切らせてあげた"と、態度がでかいのは気のせいですか?
[PR]
by keikowithhanna | 2006-03-11 23:37 | アメリカ生活