サバク→LA近郊→じゃぽーんと思ったら@LA


by keikowithhanna

まちぼうけ

そういえば。

本日、ちょっとしたハプニングがありました。

仕事中にね、牧師の妻が、どたばたがっちゃん、ってオフィスにやってきましたよ。

まあ、彼女はいつも、そんな感じの面白い人なので、そっとしておいた。

ら。


あー大変、あー大変。

って。言ってるじゃございませんの。


話によると、今、エクアドルに滞在中のうちの牧師、(つまり、彼女の旦那ちゃん)


エクアドルの空港で、迎えに来るはずの人が来ていないらしい。


かれこれ、○時間待ったが、疲れたので、近くのホテルにいるとのこと。


そりゃ大変だ。

彼、英語以外はなしませんから(汗

見ず知らずの国で、一人ぼっちだなんて、さぞかし、心細いだろうに。。。








ねえ?おねいさま?


そういえばね、
3年前くらいに、うちの姉が来たんですわ。

テロの後だったし、入国には大体1時間かかるんじゃないか?というのと、結構飛行機の到着が遅れることが多かったので、心優しい妹は、

到着1時間後目標に、空港へ向かった。


したらね・・。


道、混んでやんの(涙


しかもね?


久々の空港訪問で、到着ゲートにたどり着けず、3,4回、空港を出たり入ったりしてやんの>私。


着いたのは、到着時刻から、2時間半過ぎ。


とりあえず、ちっこいさる姉を探す。


が。

いねーよ。(汗。


頼りにならない姉なので、誰かに連れ去られたか、ひょいひょい着いていったか?
と、やつが持ってくる荷物@日本からのお土産、ならびに私が頼んでいた品々が心配で心配で。


そのまた2年位前に母親が来たときもすったもんだがあったので。(母親、来るときに私の住所(すなわち、彼女にとっての滞在場所)を控えておらず、まんまと不審者として(英語を話せないので) 入国審査に引っかかり、一時間以上拘束された(笑 ←って、笑えないですから・・。)


とりあえず、素直に、アナウンスをかけてもらおうと、アナウンス室に向かった。


が、ちょうどそこの目の前に、ちっこいさる姉がいた。


顔が泣いていた(笑 

てか、ちっこいさる姉の姿を見て、私が泣きたかった。



なぜ?なぜなんだ?おまいさんは?

なぜ、アメリカに来るのに、

フリフリのキャミソールに、ピンヒールを履いてやがる?
ついでに、そのブランドで固まったカバンたちはなんなんだ??



しかも、このサル、ディズニーランドへいこうってーのに、ヒールしかもって来ていないと、ぶっこいた。


そのまま、荷物だけ頂いて送り返したかった・・・。





P.S.

とりあえず、牧師。連絡がついて、無事とのこと。よかったですわ。
[PR]
by keikowithhanna | 2006-06-28 14:11 | 云々かんぬん