サバク→LA近郊→じゃぽーんと思ったら@LA


by keikowithhanna

犬の効果

昨日、知り合いに用があって電話をした。

け:(とるるるる・・・がちゃ。) あ、もしもし?Mさんですか、けいこですけど。あの・・

Mさん:あららーーこんにちはぁ。あ、ごめんねぇ、今ワンコの散歩中なのねぇ、だから明日にでも電話しますぅ。 


がちゃ。




んまあ。






なんていい人☆


飼い主の鑑だわ。

やっぱりお散歩中は、わんこに注意を払っていないと何が起こるかわからないですしね。

素敵。

彼女とは、かれこれ5年ほどのお付き合いになるのですが、当初は、
犬?フッ。って感じだったんです。
彼女とは、仕事関係で知り合ったのですが、飛行機で往復する距離にあるため、私が向こうに滞在の場合は、ハンナを連れて行かなければなりません。
最初の何回かは、私もまだ日本人の友達がいたので、頼めたのですが、ここ2,3年前からは誰もいないので、連れて行かないといけません。

それに対して、難色を現したのがMさん。


結局、私が、向こう提供のホテルより安いホテルを自力で探すということでOKしてもらえた。

でも、向こうについても、Mさんは、ハンナを見ることはなかった。

が。

去年かな?仕事をまた一緒にすることになって(仕事といっても、一年に一回(3ヶ月くらいにわたって)の季節もの)
電話で、業務連絡をしていると。

Mさん: でね、仕事の話はここまでで。
じつはね、うちね、


ワンコがいるの☆ 



とカミングアウト。。ちがうか・・。 言われた。

どういういきさつかはあんまり覚えていないのだけれども、いるらしい。


わんこが☆



しかも、仕事内容より弾んでワンコ話。


楽しそう☆

電話をするたびに、"あーーだめだってばぁ!!"となんだか、にぎやか☆


で、今年も向こうへ行ったのだが。ワンコ話はもちろん炸裂。 
しかも。

Mさん: きいてきいて、あのね、 うち。


2匹目来たのよ、き・の・う。



すご・・。

てか、ま、負けた。
最初は、"(ワンコ飼うの)初めてで、まったくわからないわぁ"なんていっていたのに。

ま、まけた。
2ワンの飼い主になってる。(別に勝ち負けじゃないと思うが)

最初の子も、シェルターからなんだけれども、今回の子は、腎臓が悪いらしく、インシュリン?かなにかの注射を一日2回、打たなければならないらしい。
しかも、目が見えないらしい。
前の保護主さんのところに、次から次へと保護犬が来るため、どうしても、そのこにばかり手をかけられないとの事、SOSがあったらしい。

"注射の時間が決まってるからね、もうすっごい規則正しい生活なのよ、旦那のためになんて早起きしたことないけど、注射は絶対しなくちゃだから、自然と起きれちゃうのよねぇぇ”

と、うれしそうに話してくれた。

ワンコの名前も、Cちゃんというもとの名前から、
シーシーにしたらしい。
 = She See (彼女は見える。)


号泣。


今年は、ハンナに会いに、わざわざ私の泊まっていたホテルの部屋まで足を運んでくれた。

仕事の最終日、空港へ行く前に、1ストップ仕事があったんだけど、"あ、ほら、ハンナちゃんだけだとさみしいからね?ケイコさん一人で行ってきて。アタシ車でハンナちゃんと待ってる。" だって。

うふふ。


で。
さらに。

Mさん: うふふふ、あのね、きいて。じつはね、

もう一匹来るのよ、うちに。あ・し・た。

今度はなんでも、護譲テストみたいなものに落第してしまった子がいるというのだ。

"でもね、攻撃性があるって言ってるけどね、ご飯を食べているときに、人間が手を皿に入れたら、ちょっと彼女(わんこ)の歯が当たっちゃっただけなのよ、それだけで攻撃性ありっていってるの!当たり前じゃないねえ、ろくに今までご飯食べれていなかったんだから、ちょっとくらいねえ!でも、別に噛んだとかじゃないのよ?んもうっ"

と、お怒り気味。

攻撃性ありといわれてしまった子は、ピットブルが入っていて、見た目は正直"かわゆーーーい"という感じではないらしい。だから、貰い手も少ないだろう。

ということで、彼女が名乗り出たらしい。


世の中、こういう人がもっと増えるといいな。
捨てるバカが多いので、悲しいことに不幸なワンコがなかなか減らないが、
たった一匹のワンコによって、どれだけのワンコが救われただろう。

一匹目のコのおかげで、ワンコとの生活の良さを知った。そのおかげで来た2匹目の子はもちろん、2匹めのこが新しいお家を見つけたおかげで、また別の子が、その預かりさんのおうちへ入れた。で、その次のこも。

私の好きな映画に、"Pay it Foward" というのがある。
5年くらい前の映画だけれど、

1人の人が、3人の人に対していい事をして、そのされた人たちもお返しにまた、3人の人に対していい事をして、っていけば、世界は変わる。

というお話。(しかも最後がまた泣ける。)

ハンナに、優しい気持ちをもらった。3ワンに対して、お返しをしなくちゃ。

で、3わん、一匹一匹にも幸せをもらうだろうから、3×3 9匹にお返ししなくちゃ。

はっ・・・・。

いそがなくちゃ。

時間がないわ。 



もっともっと、ワンのお世話をしたいので、どなたか、私をもらってください。
あなたのその行動が、私だけではなく、ワンコも救うっ!

f0052071_18251232.jpg

(ハンナちゃんな、おでかけかとおもったらな、またここやねん。ママの仕事場やねん。誰かママをもらってーな。そうしたら、ママおうちでごろごろもっと他のワンコのお世話もできるっていってんねん。)
[PR]
by keikowithhanna | 2006-02-11 10:29 | わんこのこと