サバク→LA近郊→じゃぽーんと思ったら@LA


by keikowithhanna

すっとぼけ。

先日、いかに私とハンナがぼけているか、ということを暴露したが、実は、アメリカに来るまで私は本当に気が付いていなかった。なぜならば、

周りがもっとボケていたから

日本にいたとき、某外資系化粧品に勤めていた私。

そこには、大の仲良しの先輩がいた。 (ちなみに、うちはいっさい陰険なことなかったです。みんないい人ばかりでした。)

特にぼけていらした
Yさん。

例えば。。。

仲がよかったので、結構隣同士で接客をすることが多かった私とYさん。
ある日私が接客をしていると、

カウンターの中にお客様が入ってくる。

え?

私がびっくりしてそのお客様を見ると、

"で、ですよねぇ、変ですよね、アタシ。"

と、言いたげなご様子。

と思ったら、その後ろに、Yさん。

"さ、さ、こちらへどうぞ、ええ、こちらです。"

って、Yさんが、カウンター内に誘導してますよ!!!!
(ちなみに、うちのカウンターは一目瞭然に、お客様側と、美容部員側に分かれています。さらにお客様用の椅子は背もたれ付き。私たちの椅子は、病院みたいな丸い椅子。)

すかさず私が、"Yさん・・。お客様のお席はこちらですよ・・?"とお伝えすると・・

"へっ。。はぁぁぁ!!! ま、間違えた!!!"
(Yさん、当時、入社5,6年目)





また別の日に、隣同士で接客をしていた私とYさん。

Yさん: "結構乾燥しますよね、今の時期。お肌がカナカナ、コサコサしちゃいますよね"

リピトアゲイン?

お肌がカナカナ、コサコサしちゃいますよね

カナカナ、コサコサ???む、虫か???



でもって。
-Yさんが本当に日本人なのかと真剣に疑った日-

基本的に、私とYさんは引きの接客という点でも、合っていました。

私は特に、化粧品は無理して買うものではないと思っていましたので=基礎物は続けることに意味があると思うので、今無理して買っていただいても、続けなければ意味がない。=続けなければ効果が出ない=お客様はハッピーにならない=うちの会社にも戻ってこない。 だから、決して押し売りはしない主義。(元々、自分がデパートの化粧品コーナーって苦手な人だったので)

ま、そんなことはおいておいて。

Yさんも、接客の最終にかかっていました。
で。

Yさん:"よし、もさん的に,無理でなければ、やってみるといいと思いますよ♪?"



はい?イマナンテ?

よし、もさんてき

し、さんてき ×間違い
もし、よさんてき ◎大正解

も、もさんってなんだろう・・・。




ちなみに。
日本の子供が 

"蚊"にさされた!  



カニにさされた! 

といってしまうように (え?言わないの?アタシだけ?)

アメリカでも、子供がわからなくなっちゃう言葉があります。

パスゲティ→スパゲティ

ピジャマ→パジャマ (通常、赤ちゃん言葉で"ジャミィ")


さて、これはなんのことでしょう?
ヒント:すべて同じものをさしています。

ヘイホー/ テトー/ キーコー


先日の、母の犬。
f0052071_1724104.jpg



アルバムから出てきた、昔のハンナちゃん
f0052071_17245052.jpg


       
[PR]
by keikowithhanna | 2006-02-13 02:27